犬を室内飼いは失敗する!知らないと困る室内飼いの流儀

しつけ

かつては番犬として屋外で飼うことが一般的だった犬の飼育方法ですが、時代とともに飼い主の意識も変わり、現在は室内飼いが当たり前となってきました。
群の中で生きる犬は、ひとりぼっちで過ごすことを好みません。外飼いの犬は1日の大半を飼い主が現れるのを待って過ごしています。

室内で飼うことは犬のストレスを減らし、飼い主とのスキンシップで異変にも気づき易くなります。
その反面、家具を齧ってしまったりマーキングをしたりとデメリットも多々あるのが室内飼い。ですが、気をつけていれば全て解決できるものばかりです。

《住環境を整える》

・クレートやケージでハウスをつくる

室内飼いをする際に気をつけたいのが、「愛犬だけの場所」を作ることです。犬は自分だけの居場所があることを好みます。
また、居場所を作ってあげることでオンとオフの時間をしっかり作ることもできるので、しつけにも役立ちます。
ぜひ、クレートやケージで愛犬が落ち着ける場所を作ってあげましょう。

・家具の配置に気をつける

室内フリーにした時に愛犬が怪我をしてしまうような家具の配置には気をつけたいところです。特に観葉植物などの小さな鉢などは、走り回った際に倒してしまうことも考えられます。
壊されて困るものや、落下しそうなものなどはあらかじめ安全な場所に移動させましょう。

・床に滑りにくいマットをひく

かならず必要なことではありませんが、膝の怪我が心配な場合は、フローリングに滑りにくいマットや絨毯を敷くこともおすすめです。
ただし、絨毯は掃除が大変であることが欠点なので、子供用のプレイマットなど水洗い可能なものだと換毛期の掃除もラクにかもしれません。

・室内温度に注意

特に高温となる夏に注意したいのが室内温度です。飼い主の留守中はもちろん、日中もエアコンを1日中つけて涼しく保たないと、犬も熱中症になってしまいます。
ただし、エアコンの風が直接あたるところに寝床を設置するのは犬にとっても良くないので、設置する際には気をつけたほうがいいです。

《室内を綺麗に保つ》

・空気清浄機の設置

犬を室内飼いすると気になることのひとつが臭いです。いくら定期的にシャンプーをしていても、どうしても獣臭がしてしまうこともあります。また、トイレを室内に設置することでさらに臭いが充満してしまいます。
そんな時には空気清浄機を設置するのがオススメです。現在はペットの臭いを取り除くだけでなく、毛やホコリを吸い取ってくれるものもあります。
飼っている犬種に合わせて選んでもいいかもしれませんね。

・誤飲しやすいものは犬の届かないところに

特に気をつけたいのが、愛犬が小さなものを誤飲してしまうことです。
ヘアゴムや子供用のおもちゃ、さらには薬など犬が飲み込んでしまう可能性のあるものは必ず仕舞ったり犬の届かないところに置きましょう。
また、コンセントや携帯用充電器などの齧ってしまうと困るものはカバーを装着したりの工夫も必要です。
犬はとにかく「噛む」ことが好きです。誤飲して病院送りにならないように気をつけたいですね。

・ドッグフードなどは隠しておく

飼い主の留守中に、ドッグフードの袋を破ってお腹いっぱい食べてしまい、それが原因で体調を崩すこともありえます。
ドッグフードやオヤツは犬の見えないところに仕舞っておくか、愛犬が開けれないようなケースに入れて保管しましょう。もしくは、保管場所に柵を設置し愛犬が入れないように対策するのもいいかもしれません。

《甘やかしすぎない》

・人間のご飯を与えない

可愛い愛犬におねだりされ、つい与えてしまいがちなのが飼い主のご飯。味のついたものを一度与えてしまうと、犬はその味を覚えてしまいます。それまで与えていたドッグフードや犬用の手作りご飯なども食べなくなってしまうかもしれません。
また、つい与えすぎて肥満になってしまうと病気のリスクも高くなってしまいます。
室内飼いは一緒にいる時間も増えるので、心を鬼にして飼い主のご飯は与えないようにするのが得策です。

・ベッドで一緒に寝ない

ついやってしまいがちなのが、愛犬を飼い主のベッドで寝かせてしまうことです。可愛い愛犬と常に一緒にいたい気持ちはわかりますが、これでは犬のほうがリーダーになりかねません。また、散歩の際に毛に付着したノミやダニがブラッシングだけでは落とせきれていない可能性もあります。ですので、衛生面でもあまりいいものとはいえません。
犬は群の中で生きる動物です。飼い主との立場が逆転しないためにも、犬用のベッドを用意し一緒に寝ないように心がけましょう。

・トイレトレーニングをしておく

室内のあちこちでトイレをしてしまうと、毎回の掃除も飼い主にとっては負担になってしまいます。また、オス犬はマーキングの習性もあるため、室内飼いする際はトイレトレーニングは必須といえます。
清潔好きな犬は寝床でトイレをすることを嫌います。ですので、トイレはベッドから離れた場所に設置することをおすすめします。

 

犬の室内飼いについてツイッターの声をご紹介

 

 

【まとめ】

犬も家族の一員という認識が強くなってきた現代。ついつい、人と同じように接してしまいますが、リーダーが誰かということは常に念頭に置いておかねばなりません。
室内飼いするさいは、ちょっとしたことを気をつけることで過ごしやすさがグンと違ってきます。今はさまざま犬用グッズが売られているので、愛犬にあった対策をしていきたいですね。

コメント