医療レーザー脱毛って痛いの?効果はあるの?

メンズ脱毛

医療脱毛は痛い?

医療脱毛(レーザー)は痛いというのは事実です。

ですが、コレは光脱毛に比べて圧倒的に強いパワーでレーザーを照射するからです。

人の体に生えているムダ毛はかなり太いため強いパワー出ないと高い脱毛効果を期待できないため、一定の痛みがあります。

また医療レーザー脱毛はメンズ脱毛の手法の中でも永久脱毛と呼ばれることもあり、しっかりとした効果を得ることができるのが強みです。

医療脱毛と同じく比べられることが多いのが光脱毛ですが光脱毛の場合には医療脱毛に比べてムダ毛がまた生えてくるまでの期間が比較的短いという特徴があります。

そのため、しっかりと脱毛したい!と思う方は医療脱毛(レーザー)がおすすめです。

医療脱毛(レーザー)の施術で痛みを感じやすい部位は?

医療脱毛はVIO(デリケートゾーン)と鼻下の真ん中くらいのヒゲを脱毛するときには激痛が走ります。

ただ、この部分は人の痛覚がかなり集まっている部位なので光脱毛でも同様に痛みが強い部位になります。

近年は医療脱毛でも光脱毛と同程度の痛みで済む脱毛器を使っているクリニックが多くなってきているため、VIOや髭などの医療脱毛で施術して問題ありません。

脱毛の痛みは施術方法によって違う?

この噂を聞いたことがある男性も多いと思います。

脱毛の痛みは施術方法によって違うという噂。

コレは半分正解と半分間違いです。その理由は確かに以前は医療脱毛=痛い、光脱毛=痛くないという常識が業界全体にありました。

コレは施術に使う機会が昔はパワーが強ければ強いほど痛みが強いという作りだったからです。

そのため、光脱毛よりも医療脱毛の方が強いパワーが使えるため医療脱毛=痛いという噂が広がったのです。

ですが、近年は医療脱毛でもパワーを強いままに痛みが少なくて済む最新の医療用脱毛器を導入しているサロンも数多くあり、昔ほど医療脱毛(レーザー)は痛くありません。

ただ!一つ気をつけて欲しいのは医療脱毛にも大きく分けて二種類あるということです!

医療脱毛は「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」という二つの種類があり、レーザー脱毛は先ほど紹介したような特徴を持っており、近年は痛みが少ないものも増えてきていますが、ニードル脱毛は針を毛穴にさし、そこに電気を流し、毛根の細胞を焼き切るという方法なので現代でもかなり痛い施術方法になります。

この二つの医療脱毛の違いをしっかり理解した上で自分にあったメンズ脱毛サロンを選びましょう!

痛い方が効果があるって本当?

痛い方が効果があるというのは間違いです。

コレは近年は技術の進歩により、強いパワーの照射でも痛みが少なくて済む脱毛器が次々に生まれていますので、痛い方が効果がある!という時代は終わりました。

痛い=効果が出ているという認識よりも施術が終わった後に肌が少し暖かい感じがするという感覚が効いている証拠です!

この肌がポカポカするというのは肌の中にしっかりと熱が溜まっている状態であり、適切に施術が効いていれば感じられる感覚です!

施術後に肌がポカポカする感覚がなければパワーが足りていないということなので通っているメンズ脱毛サロンに「もっとパワーをあげてほしい」とお願いしましょう!

それを言ってもパワーをあげてくれない場合には別のメンズ脱毛サロンに変えた方がいいでしょう!

世の中には少ないパワーで少しのショット数でしか施術をしないメンズ脱毛サロンもあります。

コレは脱毛器というのは一定のショット回数ごとに数十万のメンテナンス費用がかかるため、それをできるだけ節約するために小さなパワーで少ないショットしかしないのです!

このようなメンズ脱毛サロンの特徴は以下の二つです!

・ショット数がどう考えても少ない(ショット数をケチってる)

・施術時にショットとショットの感覚が広い(ショット数をケチってる)

・施術後に肌がポカポカしていない(パワー不足)

このようなメンズ脱毛サロンは効果が出ないため、しっかりと効果が出るサロンを選びましょう!

コメント