飼い主の指示をちゃんと聞く子に育つしつけの方法

しつけ

犬の悩みで非常に多いのが飼い主の指示を全く聞かないというお悩みです。
実際、犬のしつけに悩んでいる飼い主さんは多く、そのほどんどが正しいしつけの方法を知らないから発生しているものです。
犬のしつけに関して基本的な部分から特に注意が必要なポイントまで詳しく解説していきますので、ぜひしつけに悩まれている方はご覧ください。

・犬のしつけは飼い主と犬両方にとって必要なこと

まず、「しつけ」というものに対して、皆さんはどのようにお考えでしょうか。
しつけは最低限すべきもの、しつけが出来てなければ周りの人に迷惑がかかるから。
そう考えている飼い主さんも多いと思います。
そのため、しつけを行う段階で可哀想だと感じてしまい、甘く接し過ぎてしまうという事がよく起きます。
ですが、しつけというものは実は「犬にとって良いこと」なのです。

これはしつけを行うことで犬も飼い主さんに無意識に迷惑をかけなくなりますし、飼い主さんも犬に対しての愛情が増すため、良好な関係を維持できるからです。

しつけが出来てないと言われる犬の多くは単純に飼い主さんが「適切なしつけ」を行わずに犬がまだ学んでいないことを飼い主さんが求めてしまっているケースがほとんどです。

そのため、しつけの方法を知る前にしつけは犬にとって負担になるという考えを変え、「犬にとって良いこと」という考えにしてください。

・まずはスキンシップから始める

犬のしつけといってもいきなり難易度の高いことを学ばせようとしても意味がありません。
まずはしっかりと犬の関心を飼い主さんに集める必要があります。
具体的な方法は以下の通りです。

  • 犬を撫でる回数を増やす
  • 犬とアイコンタクトをとる
  • 餌をやるときに自分の顔の前に持っていき自然と飼い主を認識させる

これらのことを習慣化することで犬は飼い主さんが自分にとって必要な存在であると認識します。
この飼い主さんとの距離感が近いという事が非常に大切なことになってくるのです。

・エサをあげるときは飼い主さんの許可が必要だと教える

エサをあげるときに待たせることは絶対に必要なしつけです。
これは飼い主さんと犬の主従関係を明確にすることで、犬が飼い主さんを主人であると認めるという効果があります。
犬というのは目上の指示には従いますが、目下だと認識すると指示に従わなくなる動物です。

そのため、飼い主さんの許可がなければ食事ができない=生きる事ができないと認識させることで主従関係を明確にする事ができます。

・イタズラをしたら無視または大きな声で叱る

イタズラをした際などは「しつけの大チャンス」です。
このときにどう反応するのかを犬は注意深く観察しています。

犬が甘噛みのつもりで噛んできたときには強く大きな声で叱る必要があります。
またしつこく落ち着きがないときには無視をすることも非常に効果的です。

・しつけでマナーを覚えたら褒めてあげる事が何より大事

犬のしつけにおいて最も大切なことは上手くできたら褒めてあげる事です。
犬も人と同じで褒められるととても嬉しいのです。

しっかりと厳しくしつけをする分、褒めるときには褒めてあげる事で犬は飼い主さんが自分に対してしっかりと関心を持ってくれているのだと感じ、飼い主さんへの関心も強まり、その後も指示に従うようになります。
この「褒める」という行為は非常に大切なので忘れないようにしてください。

まとめ

しつけは一見、犬の負担になると思われがちですがむしろ犬にとっては非常に良い事である事がお分かりいただけたでしょうか。
人間目線と犬目線は違います。
犬はもっと多くのことを学び飼い主さんに注目して欲しいのです。
まだしつけがしっかりとできている自信がない飼い主さんはぜひ、紹介したしつけの方法をお試しください。

コメント